Author Archives: kuboseisakusyo

毎日がフルーツパラダイス!

皆さま、こんにちは!ここ和歌山県北部の丘陵地紀美野町は、朝晩めっきり涼しくなりました。毎晩たくさんの虫たちによる盛大なコンサートが開かれています。人によってはうるさくて眠れないという方も・・・(苦笑)。

毎年虫たちの盛大なコンサートが開かれるようになると、みかんのトップバッター極早生みかん(いわゆる青ミカン)が出回り始めます。運動会の時お弁当と一緒にいつも爽やかで甘酸っぱい青ミカンを食べていた記憶があります。それにしても同じお弁当でも、青空の下で頂くお弁当はなぜあんなに美味しいのでしょう。皆さんもそう思いませんか?

青ミカンが出回り始めると、水産合羽業界もシーズン突入します。少しずつご注文が増えてきています。おかげさまでありがたいことです。

ぶどうが「ぶどう様」に?!

食いしん坊の私には嬉しい秋の訪れ。ご存知のとおり和歌山はみかんをはじめとした果物王国!先日近くの産直市場へ出かけると、ぶどうがずらりと並んでいました。見ていると、種類も名前も本当に様々で頭にすっと入ってこず、覚えられません・・・。

一昔前はこんなにたくさんのぶどうの種類はなかったように思います。年がバレますね(苦笑)。しかもいずれもとても気軽にとはいかないようななかなかのお値段。そこで気づきました。“お彼岸価格”だと。

一昔前、日常食べるぶどうとしては、紫の小さい粒のデラウェア、緑の大きめの粒のマスカット、黒く大きな粒の確かベリーA??確かこのくらいではなかったかと。
その後、巨峰やピオーネのような甘くて大きな高級ぶどうが主流になり(あくまで私の主観ですが)、今はシャインマスカットが人気のようですね。

<和歌山のシャインマスカット>

このシャインマスカット、とても気軽には買えないお値段!まさに、ただのぶどう・・・ではなく「ぶどう様」?!先日ちょうど頂く機会がありました。種もなく皮も食べられるので不思議な感じがしますが、確かにとても美味しいですよね。どのぶどうが一番好きか?と聞かれると、私は瑞々しくて香りのよい巨峰が好きカナ・・・。

私の一押し!いちじく

ぶどうも美味しいですが、私が一番好きな果物は実はいちじくなんです。和歌山のいちじくは赤黒くてずっしりと大きく、甘くて美味しいですよ~。いちじくは漢字で「無花果」と書きますが、これは花を咲かせずに実を付ける果物という意味。ただ、花を咲かせないわけではなく、実を割ったときに見える小さな粒々が花に該当するそうですよ。

<和歌山のいちじく>

いちじくと言えば、最近では乾燥いちじくとクルミ等のナッツ類を使用したハード系のパンがとても人気ですよね。私はなんと言っても生のいちじくが好きです。食べられる時期が大体8月~10月頃に限られるので、逃さないようにいつもゲット!しています。
皆さん、宜しければこの時期にぜひ一度和歌山のいちじくを食べてみて下さいね。

みかんの剥き方は「お尻」から?それとも「へた」から?

果物王国和歌山の主役はなんと言ってもみかんです。前述のとおり、極早生みかん(いわゆる青ミカン)が出回り始めました。甘い温州みかんも好きですが、私はこの時期しか食べられない甘酸っぱい爽やかな味わいの青ミカンも好きです。

写真は和歌山生まれの期待の新種「YN26」。青ミカンはその色からいかにも酸っぱそうに見えるかもしれませんが、酸っぱいだけではなくちゃんと甘さもあるんですよ~

まだ日中汗をかくこともあるので、この爽やかな甘酸っぱさを体が求めているのか、私にはぴったりです。友人のみかん農園さんによると、今年は花が少なめだったらしく、なりがやや少なめだそうですが、とても美味しかったです。皆さん、宜しければこの時期にぜひ一度和歌山の極早生みかん(青ミカン)を食べてみて下さいね。

<和歌山の極早生みかん 画像提供:藤原農園>

ここで皆さんに私の友人である藤原農園さんから頂いた絶景画像をご紹介!広がる青空と早生ミカンと海・・・。何と雄大な美しい風景でしょう。心癒やされますね~
藤原農園さん、ありがとうございました!

<青空と早生ミカンと海 画像提供:藤原農園>

さて、本題のみかんの剥き方のお話。
私は当然いわゆる「和歌山剥き」です。
「有田剥き」とも言われているようですが。
というのも、つい先日東京の友人と電話で話しをしている時、突然「そう言えば、みかんどうやって剥いてる?」と聞かれまして。

普通にお尻(へたのない方)から皮付きで身ごと半分に剥いていることを伝えると、「へぇーやっぱりそうなんだ~!お尻から剥くんだ~、皮付きのままパカっと剥くんだ~和歌山剥きなんだ~」と、予想通りで嬉しい!というような反応が返ってきました。

みかんのシーズンに入ると、ネットやテレビでみかんの剥き方が話題になるからかもしれませんね。

私にとって、みかんの剥き方をどうやっているか?なんて、これまで生きてきて一度も考えたこともありませんでした(笑)
ですので、東京の友人のようにへたのある方から下に向かって皮を花びらのように剥き、実だけにしてから食べる方もいらっしゃることを知った時はちょっと驚きました。

「和歌山剥き」は、みかんがふんだんにある和歌山だからこそ!の剥き方かもしれませんね。和歌山の大地に、降り注ぐ太陽に、潮風に、育てる人たちに感謝!です。

 

夏期休業のお知らせ

平素より弊社製品をご利用頂き、誠にありがとうございます。誠に勝手ながら、下記の期間を夏期休業とさせていただきます。

休業期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

【休業期間】2021年8月9日(月)・8月11日(水) ~ 2021年8月16日(月) 
※8月10日(火)は通常営業。8月17日(火)より通常営業。

尋常ではない暑さが続いておりますが、お体にはどうぞお気をつけてお過ごし下さい。

心に涼を届けてくれた 白い蓮の花

皆さま、こんにちは。
現在全国各地で大雨による被害が起きていますね。連日30度を超える暑さの中、眠れぬ夜を過ごしている方も多いのではないでしょうか。心よりお見舞い申し上げます。

また、災害現場で泥だらけになり活動している隊員の方をテレビやネットで見かけると、弊社の災害用SPを持って現地へ車を飛ばし「足も汚れませんし、ムレも防ぎますので、もしよかったら使って下さい!!」と、お渡ししたくなってしまいます。

はい、もちろん十分わかっています。現地に行っても逆に迷惑かけるだけですし、例え弊社ができる範囲で数人分お渡しても先方が困るだけ。

消防・救助隊に採用実績のある災害用SPが、災害現場最前線でお役に立てないだろうかと、つい気持ちが先走ってしまうのですね。

災害用SP


そんなことを考えながら歩いていると、白い蓮の花が目に飛び込んできました。

よく知られているピンク紫とはまた違って、白い蓮の花はより清涼な印象です。
何という品種か知りたくなり調べてみました。ところが蓮は思った以上にたくさんの品種があり、どれもよく似ていて、残念ながら特定できませんでした。ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えて頂きたいです。

白い蓮の花は、熱くなった心に涼を届けてくれました。

蓮の花と言えば・・・?

ところで蓮の花と言えばお釈迦様
コミュニケーション・コンサルタントの友人によると、お釈迦様はいくつも名言を残されたそうです。それは“現代のビジネスマン“にもバッチリ響く内容で、そのひとつを教えてくれました。

「今日すべきことは明日に延ばさず、確かにしていくことこそ、よい一日を生きる道である」


なるほど、さすがはお釈迦様!いいことをおっしゃるなぁ、私もそうしないと!と決意し、暫くは頑張っていたのですが。

最近は毎日バタバタしてやり残しをしていることもあり・・・(冷汗)。         今一度肝に銘じて頑張ります。

皆さんも是非ご一緒に実践してみませんか。

【コレクボ】輝く 気仙沼 牡蠣漁師さん!

皆さま、こんにちは!
「コレクボ」とは、「あっ!コレうち(久保)の合羽や!」
と、弊社製品をメディア等で発見した際、ご紹介させて頂くコーナーです。

おかげさまで様々なところでご利用頂いているようなのですが、タイムリーなお知らせができず申し訳ございません。

随分経ってから、
「○○のCMで男の人が着てる合羽、あれは御社の製品でしたね?」
と、ご指摘頂いたりします(冷汗)。

ですが、今回は新鮮なお魚のようなお知らせです。というのも、長年お付き合いを頂いている気仙沼の取引先さんから、~メディア取材を受けその番組が全国放送されます。番組中に当店が映ります、最後に久保の合羽も映っているようです~と、事前に番組放送の連絡を頂いたのです。

その番組とは、現在放送中の連続テレビ小説「おかえりモネ」の関連番組で
“ハレばれ親子旅 〜「おかえりモネ」の舞台を行く〜(NHK仙台)”
元仮面ライダーで有名な俳優の藤岡さん親子が登場し、朝ドラ舞台を訪ねるという内容です。

早速、放送時間から気合いを入れて観ていると、ようやく気仙沼エリアが映り取引先さんのお店が登場。お店はピッカピカ!いつもキレイに陳列なさっていますね。

そしていよいよ最後に弊社のシーピープル(ライムイエロー)を着用された牡蠣漁師さんが登場!

漁場へ向かう牡蠣漁師さんの白い船は美しい碧い海に映え、藤岡さん親子が稚貝を海に戻す作業をサポートする牡蠣漁師さんはひときわ輝いていらっしゃいました。

プリップリの大きな大島の春牡蠣!美味しそうでしたね~
夏に産卵を控えた牡蠣が、雪解け水と一緒に川から海へ流れ込んだ栄養を蓄えようとするためひときわ美味しい!のですね。なるほど~
あんな大きな牡蠣は見たことがありません!
見ているだけで思わずゴクンと喉を鳴らしてしまいました。
楽しみに待っている方も多いと思います。

目立ってスミマセン

このシーピープル(ライムイエロー)
様々なところでちょこちょこご利用頂いているのを見かけるのは、
私たちもあの強烈な色にすぐ気づくから!
やっぱり一番目立つからでしょうね。
ということは安全面からも最強カラーということになりますでしょうか。

シーピープル/ライムイエローは
「黄色」でもなく、「黄緑色」でもない。
この“微妙な色加減”がポイントです。
ちなみに色味は弊社で企画!生地メーカーに製造を依頼しています。

これからも、印象的なカラーを企画していきたいと思っています。

牡蠣漁師さん、いつも弊社製品をご愛用頂きありがとうございます。
弊社製品が毎日のお仕事のお供としてお役にたてとても嬉しいです。

テレビ番組の最後に牡蠣漁師さんは次のようにおっしゃっていました。

「美味しいと喜ばれるのは、ものつくりとして一番幸せなことです」

よくわかります!
弊社も「美味しい」のところを変えれば全く同じ気持ちです。
そのようにおっしゃって頂けるよう弊社も最善を尽くします。
身の引き締まる思いです。

どうぞお気をつけて毎日頑張って下さいね。
いつも応援しています。

最後に、今回のテレビ番組放送についてお知らせ下さった、宮城県気仙沼市の(有)中秀商店さんに御礼申し上げます。この度はありがとうございました!

 

カツオはやっぱり○○○でしょ!

皆さま、こんにちは!まだ梅雨明けしていないところもあるというのに、このところアイスを食べたくなるような蒸し暑さが続いていますね。

初カツオの季節は過ぎた?と思っていたのですが、先日友人が                 「カツオのお刺身食べた?美味しかったで~」とのこと。                                                   消費者としては新鮮なカツオを食べられるなら初でも初でなくても嬉しいので、早速スーパーへ行き大きなカツオのお刺身(サク)を発見!

普段は「たたき」を置いてあることが多いのですが、今回は「お刺身」がずらり。
カツオは鮮度が命。お刺身があるということはカツオが新鮮な証拠。
しかも価格もお手頃で、早速頂きました。

スキッ!としたさっぱり味のカツオですが、今年のカツオは何となくこれまでより脂がのっているように思いました。臭み等全くなく、身もプリっとしていてとても美味しかったです。おかげでご飯が進んでしまいました(苦笑)。

価格がお手頃ということは漁業関係者の方々にとっては頭が痛いことかもしれず申し訳ない気持ちですが、それでもやっぱり旬の新鮮な海の幸を頂けるのは幸せです。                  感謝して頂きました。

「たたき」も美味しいですが、やっぱり私は「お刺身」が好きです。
皆さんは、どちらがお好みですか?

今シーズンカツオのお刺身がいつまで食べられるかわかりませんが、是非また頂きたいと思います。ここ数年あまり食べられなかった新鮮なカツオのお刺身を食べることができた人は、私のように皆さんとびきりの「笑顔」になっているはずです。

全国のカツオ漁師の皆さま、美味しいカツオをありがとうございました!
当社製品をご愛用頂いている皆さま、いつもありがとうございます。

カツオ=「勝つ魚」の人気ぶり

ところで皆さんはカツオのお刺身は日本ではいつ頃から食べられていたと思いますか?
調べてみると、江戸時代後半頃には食べられていたようです。
特に初物食いの風習が流行っていた江戸では「初カツオ」の価格が高騰し、幕府が禁止令を出したほどだそうです。

確かにこの初カツオをはじめとした「初物」(紀州みかん船、灘の酒等)のお話は、時代劇のTVや様々な時代小説にもちょくちょく登場しますね。

当時、初カツオは富裕層はもちろん、長屋の所帯も共同で購入し、切り身を分け合って初物の昧を楽しんだそうです。

「勝つ魚」に通じる初カツオの人気が当時どれほどだったか。 
下の歌川豊国の浮世絵「卯の花月(うのはなづき)」をご覧下さい。 
 
皆お皿持参で、競ってカツオを買いに来ていますね。                    この店先のちょっとした様子(浮世絵)から「何としてでも買って帰るんだー!」            という意欲がバンバン伝わってきますね。                            
現代にも通じるところがありますし(笑)
見ているだけでワクワクします。

「卯の花月(うのはなづき)」歌川豊国画 嘉永頃(1848~1854)

あなたはwithニンニク派?それともショウガ派?

ちなみに江戸時代、カツオは 酢醤油からしみそわさび大根おろし等と供に食べられていたそうです。                                冷蔵庫のない時代の具合よい食べ方が、今に繋がっていたのですね。

現代では産地によって食べ方が違いますね。                     例えば高知やいわきではニンニクは外せないとか。

ちなみに和歌山の我が家は「お刺身」も「たたき」もショウガ派で、ショウガ・ネギ・醤油(たまに+ミョウガ+青じそ)で頂きます。

また、最近では家庭でマヨポン酢も人気だとか。
その他、今ではすっかり家庭に定着した調味料ナンプラーとレモンやライム果汁と供に頂くエスニック風も人気のようです。
さっぱり味のカツオにコクのあるマヨネーズやパンチのあるナンプラーが合うのでしょう。

カツオは基本さっぱりして何にでもあいますので、楽しみ方も広がりますね。

それではまた!

 

※参考:「日本食文化の醤油を知る」村岡 祥次氏
http://www.eonet.ne.jp/~shoyu/mametisiki/edo-reference17b.html
貴重な文献を元に調査しまとめられた大変貴重で膨大なレポート、大変興味深く、ワクワクしながら拝見させていただきました。メールアドレスがわからず事前の確認依頼ができませんでした。この場にて御礼申し上げます。

和歌山県「1社1元気技術」に「かるらく快適くんⓇ災害用SP」が登録されました

「1社1元気技術」登録盾贈呈式

このたび、和歌山県内中小企業のこだわりのある技術やその技術を使用した製品登録制度「1社1元気技術」において、弊社の「かるらく快適くんⓇ災害用SP」が登録されましたのでお知らせいたします。
※「1社1元気技術」は、他社の追随を許さない独自の技術を有する企業、特許を有する企業等が対象です。

「かるらく快適くんⓇ災害用SP」は、弊社の加工技術を駆使した、風水害の救助・復旧活動におすすめの「ウェア一体型防水ソックス・胸付きズボン」です。

風水害に備え、県内外の消防・救助隊の皆さまにご利用頂いております

災害現場での活動時に着用すると、足が直接汚水・泥水にさらされず、濡れず汚れませんん。

救助や復旧に関わる皆さまが、ケガや感染症リスクを防ぎながらストレスなく精一杯活動できるように!との思いから開発し、このたび取り組みの成果が認められました。

今後も皆様のお役に立てるような製品づくりに努めてまいります。

以上

レインウェアが“まるでビジネススーツ”にすぐ様変わり!スグサマ~トランスフォーム~動画公開

皆さまこんにちは!今日は全国的に大気が不安定なようですね。お天気ニュースによると局地的大雨が降り、記録的短時間大雨情報が発表された場所もあるようです。油断せず気をつけたいと思います。皆さまもどうぞお気をつけ下さい。

さて、レインウェアを整えるだけで“まるでビジネススーツ”にすぐ様変わりする日本製ハイスペック全天候型2WAYレインウェア「スグサマ」~トランスフォーム~動画を公開しましたので、お知らせいたします。

レインウェアが一体どのようにして“まるでビジネススーツ”にすぐ様変わりするのか、ご覧頂けますと幸いです。

レインウェアが“まるでビジネススーツ”にすぐ様変わり!スグサマ~トランスフォーム~

~春の訪れ~ 瀬戸内・イカナゴ漁

皆さまこんにちは!気温も上がり、そろそろ桜開花の便りも届きそうですね。

さて、先日イカナゴ漁のニュースを見ました。イカナゴは、鰆(サワラ)やメバルと共に“春を告げる魚”として知られ、独特のイカナゴ漁は播磨灘・大阪湾・紀伊水道等、瀬戸内沿岸の春の風物詩となっていますね。

毎年この季節になると、甘辛い味付けのくぎ煮釜上げ等、お家ごとの味を楽しみにしていらっしゃる方も多いと思います。

昔に比べると高級になってきているようですが、ニュースでは獲れたてのイカナゴシンコを求めてたくさんのお客様が鮮魚店にずらりと並んでいました。少しずつ間隔をあけて。

このイカナゴ漁、近年やや不漁傾向で、資源保護の観点から早期終漁の可能性もあるそうです(場所によっては数日で終漁に)。不漁の原因は海がキレイになりすぎたことも一因だとか。

確か全国的な海苔不漁の原因も、海水温の上昇やクロダイによる食害の他、排水基準の強化などにより海がキレイになりすぎたことも一因だと、何かの記事で読みました。何事も「~過ぎる」(この場合は“きれい過ぎる”)とよくない、ということですね。

季節の味イカナゴを楽しみにしているたくさんの方々のためにも、関係者の皆さまの様々な取り組みがよい方向に繋がり、漁獲量が徐々に回復していくことを願っています。

弊社の水産合羽を発見!【コレクボ】

さて、そのイカナゴの水揚げをしていた漁師さんが、弊社の水産合羽「シーピープル」(リズロン・ライムイエロー)を着用下さっていたのを発見しました(複数の全国紙新聞系のWEBニュース記事他)。リズロンはピンク色。ライムイエローは、今トレンドの黄緑色をしたピスタチオの明るい部分の色にも近いかな思うのですが、少し強引でしょうか(笑)。“春の風物詩”であるイカナゴ漁に相応しい“春らしい色”で、とてもよくお似合いでした。

~イカナゴ漁・漁師の皆さまへ~

いつも弊社製品をご愛用頂きありがとうございます!皆さまがシーピープル等を着用して懸命にお仕事なさる姿を複数のニュースで拝見いたしました。弊社製品が毎日のお仕事のお供としてお役にたてとても嬉しいです。また身の引き締まる思いです。皆さまの獲る新鮮で美味しいイカナゴを楽しみ待っている方々のためにも、今年もあと少しかもしれませんが頑張ってくださいね。応援しています!

新年のご挨拶

旧年中は大変お世話になり、社員一同心より御礼申し上げます。
おかげさまで弊社は今年58年目を迎えます。

厳しい世の中ですが、社員一同一層精進し真心こめて雨衣をお作りし、希望を持って今を生き抜いてまいりたいと思います。引き続きご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

株式会社 久保製作所
代表取締役社長 久保真由巳

雨衣ひとすじ久保製作所ホームページTOPページ